中古タイヤの仕入れから商品化まで

①タイヤの買取検品1回目

ご協力していただいている業者さんに伺い買取をしています

大量にあるタイヤの中から、自社の販売規格に適合したタイヤを厳選し、買取をします。

1本1本検品(製造年、残溝、キズ、しわ、メーカー、パターン)します。

買取したタイヤをトラックに積み込み

一度に100本~200本(台数で25~50台)トラックに積み込みし、自社に戻り降ろします。

1本1本検品(製造年、残溝、キズ、しわ、メーカー、パターン)します。

②タイヤの検品検品2回目

買取したタイヤを検品します

一度目より厳しく、細かい部分まで検品します。
残溝はあるのか、タイヤ全体にキズ、しわ、異状な摩耗は無いかを調べます。
大量にあるタイヤの中から、自社の販売規格に適合したタイヤを厳選し、買取をします。

③合格タイヤの組み込み検品3回目

検品し、合格したタイヤをホイールに組み込みます

一度目より厳しく、細かい部分まで検品します。
残溝はあるのか、タイヤ全体にキズ、しわ、異状な摩耗は無いかを調べます。
大量にあるタイヤの中から、自社の販売規格に適合したタイヤを厳選し、買取をします。

なぜ検品したタイヤを組むのかと言うと、目視では確認できない小さい穴やタイヤの内側にキズがある場合、外側の部分がふくらんでしまうため、その様なタイヤを確実に排除するためです。

空気を入れ検品のため保管

検品し中古販売規格に適合したタイヤは、すべて組込み、 空気を入れ、状態を確認します。

目視では確認できない小さい穴が空いていた場合、微量の空気しか漏れず見落としてしまうため、念入りに確認します。

④再検品検品4回目

空気を入れ置いていたタイヤを再検品します

空気を入れ置いたタイヤを再検品し、ホイールからタイヤを外します。 この時、前述したように、空気が減っていないか、タイヤの横にふくらみが無いか、しわやキズが無いかチェックします。

検品を何度もする事により、見落としが無いか、チェックがあいまいになっていないか等を防ぎ、品質を向上させています。

⑤タイヤの洗浄

検品に合格したタイヤは洗浄します

汚れのひどいタイヤを放置していると、タイヤ自体の劣化に繋がり、しわや亀裂、ゴムの硬化により、安全上及び性能が低下してしまいます。

⑥いよいよ店頭へ

洗ったタイヤを乾燥させ、店頭へ

乾燥させたタイヤに、タイヤ情報を貼り付け、店頭に並べます。

全てのタイヤはこの工程を踏んで店頭に並んでいます。
安全・安心・高品質の理由がここにあります。

店舗・会社案内

ラインナップ

サービス一覧

キャンペーン

お問い合わせ